スキンケアの使い方

スキンケアの使い方

毎日のスキンケアに使う商品はさまざまですが、基本的なスキンケア化粧品の使い方はだいたい同じです。きちんとした使い方をしない限り、いいスキンケア用品でも期待した効果は発揮できません。洗顔用のスキンケア商品は、スキンケアの大もとともいえるものです。高級なスキンケア用品を使っていても、肌の清潔さが保たれていなければ、お肌のコンディションは悪化します。脂栓がつまったままの毛穴は、にきびなど肌トラブルのもとになります。顔を洗う時は、肌と相性のいい洗顔剤を使って、毛穴汚れまで除去することです。基礎化粧品は、スキンケアをする時には欠かせないものですが、順序を誤って使用すると、お肌のコンディションを悪くすることがあります。スキンケアにおいて重要なことは、水分を十分に与えてから肌の中に水分を閉じ込めることです。肌が荒れる原因の一つに、皮膚の水分を失って皮脂が減少すると、皮膚が刺激に対して弱くなることがあります。お肌に最初つけるべきものは、水分量が多めにつくられているローションということです。化粧水を肌に行き渡らせた後、美容液、ジェル、乳液と順々に使用していきましょう。最初に、化粧水やローションで、肌にたっぷりと水分を補給します。徐々に油分の多いスキンケア化粧品に切り替えていくことで、肌に入った水分が、外に逃げていきづらくなります。とはいえ、スキンケア商品のつける順序は商品ごとにさまざまですので、使う時にはまず順序を調べてみるといいでしょう。
アシュケア アトピー